サイト内検索 検索

NEXCO総研

PC鋼材の破断を高精度に検知する技術

漏洩磁束法とは

 PC鋼材の破断により脆性的に落橋した事例が報告されています。そのPC鋼材の破断を検知する技術として漏洩磁束法(MFL;Magnetic Flux Leakage)があります。
PC鋼材が強磁性体であることを利用し,コンクリート表面からPC鋼材を磁石により磁化(着磁)し,磁化したPC鋼材から発生する磁束線(漏洩磁束)を測定することにより,鋼材破断の有無や破断位置を判定する非破壊検査技術です。
 

適用性確認実験

 

実橋測定

 

アピールポイント

■ 漏洩磁束法の適用範囲は,PC鋼棒でかぶり130㎜程度,PC鋼より線においても部分破断の検知が可能です。