サイト内検索   検索

NEXCO総研

研究・調査施設

回転式舗装試験機

回転式舗装試験機は供試体をドーナツ状に置き、中心軸から突き出した四本の腕に取り付けたタイヤを回転させ、交通車両の走行に類似した作用を再現し、舗装の評価を短期間に行う施設です。

  回転式舗装試験機

交通騒音実験室

土工部や橋梁部に加え道路特殊部(掘割・半地下等)の道路交通騒音及び新型遮音壁、橋梁制振材等の対策工の騒音低減効果を模型実験により検証を行う施設です。

交通騒音実験室

鋼橋塗膜劣化度診断システム(Paint View)

鋼橋塗膜劣化度診断システム(Paint View)
汎用的なカメラや家庭用ビデオで撮影した塗装面の画像からコンピューターによる画像処理技術を用いて、塗膜の劣化度を精度よく定量的に抽出するシステムです。

 鋼橋塗膜劣化度診断システム(Paint View)

低温恒湿試験室

温度、湿度をコントロールでき、冬期の道路と同じ状況を再現できる施設です。寒冷地における各種材料実験に用いられます。(温度設定範囲:-30℃~70℃)

低温恒湿試験室 1低温恒湿試験室 2

押し抜き試験装置

はく落防止材料の押し抜き試験用装置であり、低温恒湿試験室において、「構造物施工管理要領」の「はく落防止の押抜き試験」を行うことが可能です。

押し抜き試験装置

複合サイクル腐食促進試験機

金属の腐食性能を測定する装置で、噴霧→乾燥→湿潤を繰り返すことにより促進効果を加速させる装置であり、JIS H 8502によるメッキの耐食試験を始めとする様々な腐食試験が実施可能です。

複合サイクル腐食促進試験機

大型移動載荷疲労試験機

床版の疲労耐久性を確認する施設です。

大型移動載荷疲労試験機

構造物用定点載荷疲労試験機

主にコンクリート床版の疲労強度など構造物の疲労特性を確認する施設です。

構造物用定点載荷疲労試験機

お問い合わせ

当研究所の研究・調査施設をご紹介いたします。詳細について関心・問合せのある方については、以下までご連絡下さい。
研究企画部 技術推進課
TEL:042-791-1611